池袋西武「京はやしや」の和スイーツでお茶してきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

池袋西武の甘味処「京はやしや」に行ってきました。

大元は京都の老舗茶舗で1753年創業なのだとか。

池袋西武8階にはカフェ店舗があります。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

店内は和の落ち着いた雰囲気。

2名〜4名がけのテーブル席と、1人でも気軽に利用できるカウンター席がありました。

食事メニューにうどんがあります。
選べる和のスイーツセット。
写真映えしそうな和もんぶらん、ぜんざい。
あんみつ。
パフェ、ゼリー。
ドリンクメニューは日本茶をはじめ、和の雰囲気。
デザートとセットにできるお茶のメニューはこちら。

※記事は下に続きます

お好きなセット(1650円)。

2つ選べるスイーツは、抹茶葛ねりと抹茶わらび餅。
お茶は日本茶アワード2023を受賞したという”はるか二茶”にしてみました。

抹茶葛ねり。

葛ねりは、葛粉で作られた和生菓子のことです。

抹茶わらび餅。

抹茶パウダーと黒蜜がかかっています。

抹茶葛ねりはババロアや濃厚プリンのようななめらか食感。

ほんのりした甘さと抹茶の風味がベストバランス。

抹茶わらび餅。

つるんとした食感で黒蜜の甘みと香りが広がります。
和スイーツの優しい甘さ・上品さは、他では満たせない粋な感覚がある気がします。

はるか二茶。

薄めに出してもしっかりと苦味を感じるキリッとした味わい。
甘味との相性抜群です。

※記事は下に続きます

「京はやしや」のお茶やお菓子はお土産として買って帰ることもできます。
手土産にも喜ばれそうですね。
ちなみに、苺の旬は期間限定で”いちご琥珀餅”が販売中。
(画像:プレスリリースより)

苺大福のように大粒の苺まるごと一粒と特製餡をわらび餅で包み込んだ生和菓子。

こしあんと抹茶餡の2種類があるそうです。

3〜4月までの苺が美味しい時期にだけ食べられる人気メニューで、テイクアウト限定の商品となっています。

支払いは現金の他、カードやQR決済も可能。
池袋西武にある落ち着いた雰囲気の甘味処。

ひと休みしたい時にほっとできる空間でした。

Store 店舗情報

店舗名 京はやしや 西武池袋店
住所 豊島区南池袋1-28-1 西武池袋店 8F
営業時間 月〜金 11:00〜23:00(22:30 L.O.)
土日祝 10:30〜23:00(22:30 L.O.)
※21:30以降は飲み物のみの提供
定休日 なし
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。