池袋北口にオープンしたガチ中華「豪媽牛肉湯」に行ってきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

池袋北口にオープンしたガチ中華「豪媽(HAOMA)牛肉湯」に行ってきました。

オープンしたのは2023年6月8日。

ここは少し前、1階に中華バーガーがオープンしたお店ですね。
今回の牛肉湯は地下1階です。

地図ではここ↓

豊島区西池袋1-29-4 B1F。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

お店に向かって右。
池袋北口・ウイロードが近いです。

並びにガチ中華の上海焼き小籠包「永祥生煎館」があります。
向かって左。
この道は文化通りという名前で、劇場通りと平和通りの間で平行に走っています。
どこが入口なんだろうと思ったら、1階のお店の奥とのこと。
奥に行くと階段があります。
地下へ。

ややハードル高めですが、このドキドキ感がガチ中華の醍醐味。
食堂のような雰囲気。
テーブル席が並んでいます。

※記事は下に続きます

メニュー。
小さく日本語でも書いてありました。
セットメニューもあります。
牛肉湯+焼き餅セット(1400円)
ラーメンのような感じで登場。
注文時に辛み・パクチーは大丈夫か聞いてくれます。
お店の準主役といった存在の淮南焼き餅。
ほとんどのお客さんが注文してました。大きい。
スープは牛骨のあっさり優しい味わい。
クセもなく日本人の口にも合うと思います。美味しい。
麺は春雨。スープとの相性良し。

蘭州牛肉麺では中華麺が主流ですが、こちらの牛肉湯では春雨がスタンダードなんですね。(メニューの牛肉面は中華麺らしい)

※記事は下に続きます

チャーシュー的な存在で牛肉スライスがたくさん。
干し豆腐も入ってました。
麺というよりはトッピング的な存在。
この焼き餅。
パリパリ食感で胡麻の香ばしさがすごい。

絶妙な塩味で、このまま全部食べてしまいそうなほど美味しかった。

周りの人を見ても食べ方は様々。
片手に持ちながらスープと交互に食べたり、スープの中に突っ込んだままにしてる人も多かったです。

牛肉スープに浸して食べるのもうまい。

その場にいた社長さん(女性)にも少しお話聞けました。

中国の淮南という地方の伝統料理らしい。
西川口にも支店があるみたいですね。

スタッフさんは1階のハンバーガーと同じ人で、自分のこと覚えててくれました。運営は同じようです。

気になる人は勇気を出して入ってみてください!

Store 店舗情報

店舗名 豪媽牛肉湯 池袋店
住所 豊島区西池袋1-29-4
営業時間 11:00〜22:30
定休日 なし

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。