池袋駅西口にオープンしたガチ中華「成都飯店」で麻婆豆腐を食べてきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

池袋駅西口にオープンしたガチ中華「成都飯店」に行ってきました!

オープンしたのは2024年1月18日。

1階に日高屋が入っているビルの4階。
駅前のビルですが、なかなかディープなガチ中華が複数入っています。

地図ではここ↓

豊島区西池袋1-28-1 第二西池ビル 4F。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

ビルに向かって左。
西口のロータリーがすぐ。
向かって右。
北口・ウイロードがすぐ。
この置き看板が目印。
やや心細くなるビルの入口ですが、エレベーターで4階へ。
お店の入口。
店内に入ってみたら、新店だけに明るくキレイでした!
かなりゆったりめな席が多い印象。
どことなく、成都の旧市街をイメージさせる雰囲気。

※記事は下に続きます

スマホで注文するシステム。
紙のメニューはありません。

最近、ガチ中華はこのタイプが多いですね。
(他の業態もだけど)

日本語にうっすら対応しているような、そうでもないような。

漢字からイメージを働かせると、大体合ってると思います。

スタッフさんに聞いたら、画面上の「店長オススメ品」がディナータイムのイチオシメニューとのこと。

四川の名物料理もたくさん。
ガチ中華でお馴染みの羊肉串も。
飯・麺メニュー。
この辺りもお一人様の味方。
この定食カテゴリーがランチです。
15時までの限定メニュー。

定食だから、ライスとか付いてるんですか?と尋ねたら…

ランチのビュッフェコーナーがありました!
ライスとスープ。
炒め物やフルーツなんかもありました。
ウーロン茶・豆乳もフリードリンク。

※記事は下に続きます

ランチの麻婆豆腐(980円)
フタを開けたら…
本場のガチな麻婆豆腐がたっぷりでした!

少しビビる量のラー油がヒタヒタ。
花椒などの中華スパイスの良い香り。

見た目ほど辛みは強くなく、ピリ辛好きな自分にちょうど良かったです。

ライスの上にたっぷり乗せて食べました。
これ、ご飯泥棒ですね。

麻婆豆腐の量がすごい上にライス食べ放題。
無限に白飯が食べられそうな気がします。

ビュッフェも一通り盛ってきたんですけど、炒め物はたぶん砂肝だと思います。

それに、干し豆腐。
クッキー風のやつは揚げパンでした。

この日のスープは玉子スープで、フルーツはパイナップル。
これで980円は安いなあ。

スタッフさんもガチな中国の方々ですが、日本語でも対応してくれます。
それにとても感じがよく親切でした。

池袋駅西口すぐに四川の郷土料理が楽しめるお店が誕生。
成都に旅行に来たような気分に浸れると思います。

Store 店舗情報

店舗名 成都飯店
住所 豊島区西池袋1-28-1 第二西池ビル 4F
営業時間 10:00~15:00
17:00〜21:00
※定食メニューは15:00まで。
定休日 なし
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。