焼肉のように魚を焼く!池袋西口「魚火ふじな」に行ってきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

池袋西口にある、魚火焼き専門店「魚火ふじな(uobi)」に行ってきました!

オープンしたのは2023年4月。

焼肉のように魚を焼いて楽しむ、ありそうでなかった斬新なスタイルのお店です。

地図ではここ↓

豊島区西池袋3-30-6 磯野ビル1F。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

お店に向かって右。
西池袋公園がすぐ。
向かって左。
立教通りのファミマの辺りに続きます。
店内は、コの字型のカウンター席が並んでいます。
各席の前に設置された焼き台。
ここでスタッフさんが焼いてくれます。
メニュー。

お店の名物は本鮪(まぐろ)の魚火焼き
盛り合わせをメインにしつつ、他を注文していくのがおすすめです。

白身、磯焼き、シャリ。
箸休め。
逸品。
椀物、鯛出汁土鍋ご飯、デザート。

人気の土鍋ご飯は40分ほどかかるので、早めに注文しておいた方がよさそう。

本日のメニューも要チェック。
ドリンクメニュー。
日本酒の中には「本日の隠し酒」もあるのでスタッフさんに聞いてみてください。

今回は、お店から招待していただき、お店の魅力が詰まったコースメニューを堪能してきました。

※記事は下に続きます

お通しは、大きな帆立に春菊とほうれん草。
贅沢だなあ。
いろいろ盛り合わせ。

左から、
・沖縄県産生もずく
・甘海老の塩辛
・白バイ貝

のっけから目の覚める美味しさ。

本鮪三種盛り。
焼く前に目の前で見せてくれます。
本鮪赤身。
本鮪中トロ。
本鮪大トロ。
サシの入り方が圧巻。
塊の状態も見せてくれました。

お肉でこういうの見たことあるけど、マグロでは初めて!
輝き方がはんぱなかったです。

※記事は下に続きます

料理長さんが目の前で焼いてくれました。
一面ずつ丁寧に焼き上げていきます。
まずは赤身。

口に入れた瞬間、香ばしさがブワッと広がります。
中はレア食感。

マグロって、焼くとこんなに美味しいんですね…!

上に乗ってるネギとニラの醤油漬けが良い仕事してました。

日本酒と合わせたら天国行けます。
中トロ。

適度な脂が入ることで旨味の感じ方がまた違いますね。

わさびを乗せて食べても◎
そして大トロへ。

煙の立ち方が大きい。
脂のノリを音と眼からも楽しめます。

美味しすぎて気絶するかと思いました笑。

まるで和牛のような脂。
でも、この上品な旨みはマグロならではですね。

こんな食べ方があったんだなあ。

※記事は下に続きます

〆に金目鯛の土鍋ご飯。

フタを開けたら、、、

金目鯛のお刺身、とびっこがどっさり!
鯛出汁で炊いたご飯はおこげ付き。
金目鯛の刺身・とびっこと調和するように、美味しさを高め合っていました。

〆の満足度すごい。

シジミの赤出汁お味噌汁でホッと一息。
日本人で本当に良かった。
丁寧で気さくなスタッフさん・料理長さん。
おしゃれなのに、アットホームな雰囲気もお店の魅力です。

池袋で楽しめるユニークな魚火焼き。
それは、新鮮な本鮪の旨みを最大限に引き出すレア焼きでした。

お魚好きはもちろん、焼肉好きの人にも試してほしいです。

※読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 魚火ふじな(uobi)
住所 豊島区西池袋3-30-6 磯野ビル1F
営業時間 ランチ:11:00〜15:00
ディナー:17:00~23:00
定休日 なし
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。