池袋北口にオープンしたガチ中華「餃子封神榜」で本場の水餃子を食べてきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

池袋北口にオープンしたガチ中華のお店「餃子封神榜」に行ってきました。

北口から徒歩1〜2分の場所にあるこのビルの2階。

地図ではここ↓

豊島区西池袋1-29-7 池袋大野ビル2F。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

オープンしたのは2023年11月10日。
池袋大野ビルの店舗も1階から9階までしっかり埋まりましたね!

※3階「焼肉 楽楽屋」は現在店舗改装中です。

向かって右。この道を進むと池袋駅北口。

池袋北口からいくと、喫茶店「伯爵」を挟むY字路の左側を進むと到着します。

向かって左。この角を右に曲がるとトヨタレンタカーがあります。
店内は中央に6人がけのテーブル席が並び、窓側にボックス席。
少人数で利用するのに良さそうなカウンター席もありました。
メニュー。

日本語のメニューは今のところないそうです。
これもガチ中華の醍醐味のひとつ。

まるで中国旅行気分。

日本語が話せる店員さんがおすすめを教えてくれました。

焼き餃子と水餃子があるのですが、おすすめは水餃子なのだとか。

鶏肉、豚肉、牛肉、肉抜きのタネの中から好みのものを選ぶのがよさそうです。

注文後、気になったので翻訳カメラでメニューを読み取ってみました。

『全国(世界)を旅していると1番恋しくなるのは故郷の味…。』その通り。

右側の大きい文字は餃子のメニュー。

左側の小さい文字は一品料理です。

おそらく的確な翻訳ではないけど、ざっくり何かは分かりましたね。

※記事は下に続きます

テーブルセット。

黒酢、醤油、ラー油が並びます。

ラー油は2種類ありました。こちらは食べるラー油のようなものだと解釈しました。
牛肉とパクチーの水餃子(888円)。

店員さんがおすすめしてくれた1品を注文しました。
牛肉とパクチーが食べられるならこれがおすすめですよ、とのこと。

たっぷり12個やってきました。

つるんとしていて、割ると肉汁がぶわっと飛び出ます。まるで小籠包!

旨みが凝縮されているので、割らずに口に入れるのがオススメです。

ひとつ割ってみると中身はこんな感じ。パクチーたっぷり。

黒酢で食べるとコクが加わっていいですね。

ごはんと一緒に食べるのは日本独自の感覚なのかもしれません。
定食やお米はいまのところメニューにないそうです。

新しいビルなので店内はピカピカ。
このビルのお店はガチ中華入門にいいかも。

本格的な水餃子をお腹いっぱい食べられるお店。
餃子は完全食って言いますよね。一皿でしっかり大満足でした。

※読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 餃子封神榜
住所 豊島区西池袋1-29-7 池袋大野ビル2F
営業時間 11:00〜24:00
定休日 なし
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。