池袋西口のガチ香港料理店「江記」で香港式ローストダックを食べてきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

池袋西口のガチ香港料理店「江記(コウキ)」に行ってきました!

2022年12月にオープンしたお店。
いつの間にかランチメニューも始まっていました。

同じビルの1階には、ロバ肉バーガーとドリアンが人気のお店「御猫榴(ロイヤルキャットドリアン)」があります。

地図ではここ↓

豊島区西池袋1-41-8 K’S2ビル B1。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

お店に向かって右。
池袋駅西口が近いです。
向かって左。

アーケードを出たトキワ通りを左に曲がれば、劇場通りの「池袋郵便局前」が近いです。
ランチメニューは、店前の置き看板でも確認できます。

この3種がオススメみたい。
・香港式ローストダック
・窯焼き特製ハチミツチャーシュー
・鶏肉の塩茹で

お店は半地下。
店内は想像以上に広々としていました。
キレイで、日本人でも入りやすいと思います。
注文はタッチパネルから。
こちらはランチメニュー。
ディナーメニューで気になったものを一部紹介しておきます。

・フォーてぃヤオチャン(13800円)
謎だけど美味しそうな予感。

・ナマコの葱香味焼き(12800円)
・蒸しハタ(18800円)
ネーミングと価格のズレが日本人には理解しづらいけど、きっと高級料理なんだと思います。

アワビのオイスター旨煮は25800円!
高級料理だけでなく、手頃なメニューもたくさんありました。
守備範囲広いですね。
夜でも香港式ローストダックなどが楽しめます。

※記事は下に続きます

香港式ローストダック皿飯(1380円)
ランチにはちょうど良いバランス感で登場。
鶏の旨みが凝縮したようなスープ。
見た目がワイルドな味玉。
サラダもランチに付いています。

お店の説明によると、
自家製秘伝のタレで24時間漬け込み、特製釜でじっくりと焼き上げたお店の名物料理。

わ!美味しい!

味がしっかり染み込んだ鶏肉。
皮はパリッと、お肉はしっとり。

クセのない甘辛味で、日本人も大好きな味だと思います。
タレが染み込んだライスも最高。

骨がけっこうあるのでガブっといけないので注意です。

ワイルドな味玉も香港風味で美味しかったです。


池袋のガチ中華もいろいろなジャンルがありますね。
本格的な香港料理を気軽に楽しめるお店でした。

Store 店舗情報

店舗名 江記 香港料理 池袋店 (コウキ ホンコンリョウリ)
住所 豊島区西池袋1-41-8 K’S2ビル B1
営業時間 11:30~23:00
(ランチは14:00まで)
定休日 なし
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。