【ちゃん系ラーメン】池袋西口の「ひろちゃんラーメン!」で中華そばを食べてきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

ラーメンファンの間で人気の「ちゃん系ラーメン」って知ってますか?

池袋西口のちゃん系「ひろちゃんラーメン!」に行ってきました。

そのままなんですが、店名が「◯◯ちゃんであること。

昔ながらの中華そば屋さんのような外観にラーメンであること。

いろいろな共通要素はあるみたいですが、ネットで調べても明確な答えが出てこない謎の系統。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

大きな看板には店名がなくて、暖簾に小さく書いてあります。
「!」にもくすぐられますね。

地図ではここ↓

豊島区西池袋1-39-1 宮田ビル1F。

お店に向かって右。
斜め前にロサ会館が見えていて、池袋駅西口に続きます。
向かって左。
ロマンス通りのアーケードがすぐ。

すぐ左に曲がれば、劇場通りの「池袋郵便局前」の信号が近いです。

「味の店」
このフレーズにも懐かしさを感じます。

ちゃん系は、「すごい煮干しラーメン凪」の跡地にできていることが多いらしく、この場所も以前は凪でした。

でも、ラーメン凪を運営する凪スピリッツジャパンはその関係を否定しているとか。(ややプロレス感ありますが)

ネットで調べても詳しいことはよくわからなかったので、実際に行ってきた様子をご紹介します。

券売機。THE・シンプル!
店内は厨房を囲むようにコの字型のカウンター。
小さな2名テーブルもいくつかありました。
テーブルセット。

※記事は下に続きます

中華そば(900円)

味は醤油の一択。
クラシックな印象です。

スープがなみなみとフチ近くまで入っているのも「ちゃん系」の特徴。
写真だと少し分かりづらいですが、表面は透明な油膜が張っています。

見た目以上にギリギリまでスープが入っている状態。

スープはキリッとした醤油味。
なんだろう、このグッと引き寄せられる旨さは。

けっこうオイリーだけど、重くならずあっさりとした印象。

麺はちゅるんとした食感の平打ち麺。

昔ながらの中華そばのような雰囲気ですが、現代的に洗練された味わい。

チャーシュー麺ではないのに、チャーシューがけっこう入っています。
切り落としのようで、脂身が多いですが嬉しいボリューム。
これが「ちゃん系」なんですね。

懐かしさと新しさが融合したような、美味しい醤油ラーメンでした。

都内を中心にジワジワと増殖している「ちゃん系」ラーメンのお店。
池袋にもあるので気になる人はチェックしてみてください!

Store 店舗情報

店舗名 ひろちゃんラーメン!
住所 豊島区西池袋1-39-1 宮田ビル1F
営業時間 日〜木 11:00〜23:00(L.O.22:30)
金・土 11:00〜翌5:00(L.O.4:30)
定休日 なし
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。