大塚に水餃子専門店「1+dumpling」がオープンしてる。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

大塚にオープンした水餃子専門店「1+dumpling(ワンプラス ダンプリング)」に行ってきました!

オープンしたのは2024年1月6日。

ジャンル的にはガチ中華に入ると思うんですけど、水餃子専門店って珍しいですよね。

地図ではここ↓

豊島区南大塚2-41-4。
南大塚通り沿い。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

お店に向かって左。
緩やかな坂道をくだれば大塚駅南口が近いです。
向かって右。
餃子の王将やキッチンABCを通って新大塚駅に続きます。
店内は奥に長いタイプ。
テーブル席が一列に並んでいます。
カウンター席も。
カフェのような雰囲気。
テーブルセット。
黒酢、お酢、醤油。
食べるラー油的なものもありました。

※記事は下に続きます

メニュー。
水餃子だけで14種類。
一品料理。
ドリンクデザート。
スマホで注文すると写真付きでメニューを確認できます。
口頭でもどちらでもいいそうです。
テイクアウトメニュー。
冷凍水餃子が20個580円〜。
水餃子の美味しい食べ方も書いてありました。

※記事は下に続きます

三鮮水餃子(9個・680円)・ライス(180円)
三鮮の内容はエビ、豚肉、玉子、ニラ。
これが一番人気らしい。
ライスを注文するとスープも一緒に付いてきます。
マニュアル通り、まずはそのまま。

厚めのもっちりした生地。
餡のお肉や野菜に味がしっかりついてます。美味しい!

ラー油との相性もいいですね。
ご飯が進む味付け。
テーブルセットの黒酢や醤油を適当に混ぜて食べてもうまいです。

本場の味わいだと思うのですが、クセもなく食べやすい。
これは何個でもいける気がします。

※記事は下に続きます

中国式焼き餃子(9個・580円)

水餃子をスルスルと全部食べてしまい、他のも試してみようかなと思って注文したのがコレ。

中国式ってなんだろう…と思ったら、日本と違って全面が焼かれているのが特徴。

生地が厚めなのでパリパリです。
そして中はめちゃくちゃ熱々でジューシー。(火傷に注意!)

ご飯はもちろん、ビールを合わせても最高だろうなあ。

お店の人にお話も聞けました。

こちらの水餃子は、中国でも東北地方のものなのだそうです。

中国ではランチの定食的な概念がないそうなんですが、日本人のお客さんが多いので定食メニューも今後作っていく予定とか。

ちなみに、訪問時にはお客さんは皆さん中国の方みたいでした。

ガチな水餃子専門店ですが、店内はキレイでスタッフさんも優しいので入りやすいと思います。

餃子好きな人は要チェックですね。


※読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 1+dumpling(ワンプラス ダンプリング)
住所 豊島区南大塚2-41-4
営業時間 11:00~14:30
16:30~22:00
定休日 なし
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。